感染予防対策および遺体の管理

遺体に携わる人たちのための

感染予防対策および遺体の管理

ISBN 978-4-87066-139-4
判 型 A4
ページ 144
定 価 7,560 円(本体7,000+税8%)
送 料 宅配便実費

【概要】

本書は人の死亡から火葬までの間に遺体に携わるすべての人々(葬祭業従事者,医療従事者,警察官等)のための感染予防を目的として編集された他に市販類書を見ない実践書です。
死後に髭はのびる? ・ 災害時の遺体の収容は? などコラム満載。

 

【目 次】

青字の項目はクリックすると本文(抜粋)がご覧になれます

Ⅰ. 遺体に関する基本事項
1. 遺体に発現する現象
 ① 死亡直後から早期に現れる現象
 ② 腐敗現象
2. 医療機関で死亡した場合の遺体
3. 医療機関以外で死亡した場合の遺体

Ⅱ. 従事者の感染予防対策に関する基本事項
1. 遺体の感染リスクの考え方
2. 感染を成立させる要因
3. 感染経路別予防対策
4. 標準予防策
 ① 標準予防策とは
 ② 標準予防策の考え方及び具体的対策
5. 遺体の業務別感染予防対策
 ① 搬送業務の感染リスク
 ② 死後処置の感染リスク
 ③ ドライアイス処置の感染リスク
 ④ 納棺時の感染リスク

Ⅲ. 感染予防対策の具体的実践
1. 感染防御物品の取扱い
 ① 手袋
  a. 手袋の処置
  b. どんなときに手袋をするか
  c. 手袋の交換
  d. 手袋の廃棄
  e. 手袋の着脱法
   (a) 未滅菌手袋の装着
   (b) 汚染した手袋の外しかた
 ② プラスチックエプロン
  a. プラスチックエプロンの設置
  b. プラスチックエプロンの着用
  c. どんなときにプラスチックエプロンを着用するか
  d. プラスチックエプロンの外しかた
 ③ 使い捨てマスク・ゴーグル
 ④ 死体袋
2. 手洗い
 ① 手洗いの目的
 ② 手洗いの種類
  a. 日常手洗い
  b. 衛生的手洗い
 ③ 手洗いミス
 ④ 手洗いの手順
 ⑤ いつ手を洗うか
 ⑥速乾性すり込み式手指消毒剤
 ⑦ 手荒れ対策
3. 清掃と感染予防
 ① 清掃の実際
  a. 手の触れる場所の清掃
  b. 床の清掃
  c. 器材の清掃
 ② 血液・体液・排泄物で汚染された床の清掃
4. 廃棄物の処理
 ① 医療機関内等における廃棄物の処理
 ② 医療機関以外の場所における廃棄物の処理
5. 消毒の基本と実際
 ① 滅菌・消毒の定義と方法
 ② 消毒剤による消毒の3要素
 ③ 消毒剤の使用上の基本原則
  a. 消毒剤の有効使用
  b. 消毒剤の安全使用
 ④ 消毒剤の選び方
  a. 抗微生物スペクトル
  b. 消毒剤の適用対象
 ⑤ 次亜塩素酸ナトリウム

Ⅳ. 死後処置の実際
1. 医療機関での死後処置に関する感染予防対策の実際
 ① 感染予防対策上の処置
  a. 血液・体液の流出防止処置
  b. 創傷の手当て
  c. 排泄物の処理
  d. 清拭
 ② 死後処置の実際
 ③ 感染予防チェックリスト
2. 自宅での死後処置の実際
 ① 処置の準備
 ② 最終処置
3. 死後変化に応じた死後処置の実際
 ① 鼻腔・口腔からの出血及び体液の流出
 ② 皮膚表面からの体液の浸出

Ⅴ. 疾患別遺体からの感染予防対策
1. 遺体の疾患別感染予防対策
2. 血中ウイルス感染症
3. 疥癬
4. MRSA感染症
5. 結核
6. 1類・2類感染症

Ⅵ. 遺体の管理
1. 遺体安置の環境
2. 早期納棺の重要性
3. 遺体冷却の知識
 ① ドライアイスの使用
  a. 遺体の体格・栄養状態
  b. ドライアイスを装着する部位
  c. ドライアイスの使用量
  d. ドライアイスの使用例
   (a) 一般的な使用例
   ⅰ. 一般的な体格
   ⅱ. 痩せ型の体格
   ⅲ. 肥満及び浮腫が出現している場合
   (b) 例外的な使用例
   ⅰ. 損傷のある場合
   ⅱ. 激しい腐敗現象が出現し始めている場合
 ② 遺体保存用冷蔵庫の利用
  a. ドライアイスとの併用時の留意点
  b. ドライアイスの補充
  c. 温度設定
4. 事故・災害による損傷のある遺体の取扱い
5. 腐敗のある損傷遺体の取扱い

Ⅶ. 関連法規
 刑法
 刑事訴訟法
 検視規則
 死体取扱規則
 刑事訴訟規則
 軽犯罪法
 戸籍法
 船員法
 船員法施行規則
 墓地,埋葬等に関する法律
 死体解剖保存法
 死体解剖保存法施行令
 監察医を置くべき地域を定める政令
 東京都監察医務規定
 医師法
 臓器の移植に関する法律
 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律
 検疫法
 食品衛生法

● 索 引, 著者一覧

● コラム目次
●死後に髭はのびる? ●亡くなった後,髭剃りをした。次の日に口の周りやあごに小さな褐色の創が出てきた。どうして? ●瞼が開いてきた。どうして? ●顎バンドと死後硬直 ●目のまわりが緑色に変色してきた ●死臭 ●顔が風船を膨らましたように大きくはれてきた ●風呂場での死亡 ●遺族に対する配慮 ●監察医制度 ●結核で死亡した遺体の搬送時,遺体にガーゼマスクは必要か ●汗,唾液,涙液を除く理由 ●アメリカにおける葬祭業従事者の職務感染に対する考え方 ●感染性疾患による死亡の感染リスク ●手袋について ●ディスポーザブル手袋と手肌の保護剤 ●イギリスでの感染予防対策 ●うじむし ●霊安室・剖検室・各種処置室における手洗い場 ●医療廃棄物を排出する ●感染防御物品の廃棄 ●消毒剤の代用 ●ペースメーカーの除去 ●死亡した患者の着衣 ●新生児,胎児の死後処置 ●慣習・宗教 ●医療現場の白衣 ●防水性のドレッシング材の代用 ●耳からの出血 ●青梅綿と脱脂綿 ●生前から運動麻痺があった場合の着衣 ●合掌について ●顎バンドはいつ外す ●口が開く ●瞼が薄く開眼しているとき ●目が閉じられない ●死化粧 ●出血傾向 ●急死による出血 ●腐敗による出血 ●高分子吸収剤 ●葬祭業従事者のB型肝炎のワクチン接種について ●遺体に携わる従事者へMRSA感染症の感染リオクが低い理由 ●葬祭業従事者の結核の感染が問題にならない理由 ●外国の病院における死後処置の実際―血中ウイルス感染症の場合 ●直射日光に注意 ●室温に注意 ●例外的な医療機関での安置 ●細菌の培養と増殖 ●災害時の死体袋の活用 ●災害時(遺体収容) ●災害時(身元確認) ●家族への遺体状況の説明 ●使者のプライバシーの保護 ●死者の取扱い ●エンバーミングが行われた遺体の取扱い

株式会社 医事出版社
〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町
4番6号
TEL:03-5643-2215
FAX:03-5643-2217